FC2ブログ

(株)孝和建設 佐賀県唐津市の一級建築設計事務所

株式会社 孝和建設

フリーダイヤル:0120-70-1471


TOP > スタッフブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生のプロフェッショナル


- 13.5% -

この数字が何かお分かりだろうか。


平成25年時点での空き家率。

新築のマンションや戸建住宅などが増える中、

日本における住宅の8戸に1戸は空き家という現実がある。


そんな矛盾した我が国の住宅事情に名乗りを上げた男がいる。

リノベーションのスペシャリスト「清村真二」氏。


staff_35.jpg


機能を失いつつある古い建物に命を吹き込み、新たな価値を生み出す。

彼が「再生」にこだわるのには、ある理由があった。


『古い建物を壊して新しい建物を建てるのは簡単だけど、どんなに古い建物でも

そこには建てた人の想いやストーリーが詰まっているんです。

前オーナーの意志はもちろん、昔ながらの職人の知恵や知識をリレーして

次の世代に受け継いでいく。

それが本当の意味での再生だと私は思うんですよね』


そう語る清村氏の背中に、我が国のあるべき未来の姿を見た気がした。


before after



そんな彼が最近ハマっているものがある。



リンゴ文字



近くのスーパーで手に入れたという「リンゴ」。

お昼は必ずリンゴを口にするという。


リンゴ写真


『昔から健康に良いと言われているように、リンゴには

消火・吸収・燃焼を助けるカリウム・ビタミンが多く含まれているんですね。

食物繊維と糖分も同時に摂れるし、買い置きして手軽に食べられるのもありがたい』



スピードが要求され、常に頭を使う彼には必須のアイテムだ。

電話中にもかかわらず、リンゴを持つその手にもプロの気概を感じる。


手

手2



事務所のハンモックに揺られながら、清村氏はこう語る。



『今後も空き家は増えるでしょうね。

少子高齢化、過疎化が進む以上、田舎の方は空き家で溢れてしまう。

そこが若者のたまり場になったり、害虫や野良猫などが住み着いてしまいます。

もちろん私ひとりでどうにかできる問題ではない。

ただ古い建物に残された意志や知恵を引き継ぐことが、少しでもその問題の解消に

貢献できないかなとか思っちゃうんですよね(笑)』



― 再生するのは、建物ではなく街と文化 ―



空き家率13.5%という数字は決して少ない数字ではない。

ただ、彼がいるからこそ13.5%に留まっているのかもしれない・・・



清村さん紹介



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kowastaff

Author:kowastaff
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
GA
GAsettei
検索フォーム
  • 唐津不動産
  • 唐津不動産ドットコム

ページの上へ

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

Copyright (C) KOWA CONSTRUCTION. ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。